目のまぶたの痙攣・原因ととめるには

目のまぶたの痙攣は、多くの人が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。目のまぶたや下まぶたがピクピクしてしまう原因の多くはパソコンなどによる眼の疲れやストレスなのだそうです。まぶたがけいれんする時は同時にだるい感じがしたり、首のこりや頭痛などがあったりすると思います。目の痙攣をとめるには、睡眠をしっかりとって目を休めたりストレスを改善したりする事が大切ですね。しかし中には、目のまぶたのけいれんの原因が病気によるものもあるようです。

スポンサードリンク

まぶたのけいれんとストレス

まぶたのけいれんで困っていられる方も多いようです。あるテレビ番組などでは、まぶたの痙攣を軽くみていると大変な事になってしまう!などどやっているところもありますね。
まぶたにとどまらず、顔全体がけいれんする顔面神経痛とか顔面麻痺などの病気の傾向があるようなら、すぐに専門の病院に行って治療を受けなくてはいけませんね。それは注意してください。しかし、まぶたがちょっとピクピクするとか、痙攣の症状がそれほど長くは続かないと言う程度であれば、そんなに心配するには値しません。
まぶたが痙攣する原因としてはやはり疲れ目なのでしょう。毎日毎日お仕事でパソコンに向かっていたり、機械にむかっていたり、、そうすると、疲れてくるのは当然で、それがまぶたのけいれんとなって出てきているのでしょう。みなさん、がんばられているのですね。僕も毎日パソコンに向かってたりするのですが、やはり目に疲れが確実にきますね。あとは首のこりとか頭痛がしたりとか。対策としては、疲れを取ることが一番ですね。特に睡眠を十分にとれると、だるいのが段々と改善していくのではないでしょうか。
あと、ストレスというのも、まぶたのけいれんを引き起こすようです。仕事やプライベートでのイライラはやはりコントロールしていかなくてはいけないようです。小刻みな時間でもいいので、睡眠、仮眠をとって、ストレスをやわらげましょう。

まぶたのけいれんの原因

まぶたのけいれんの原因はなんなのでしょうか。まぶたのけいれんで悩んでいる方は結構多いようですね。まぶたがピクピクとして困るなどとよく聞きます。
しかし、よく調べてみると、たいした症状ではありません、とか悪い病気ではありません、などとの回答も多く、少し安心しますね。例えばまぶただけではなく、顔全体がけいれんするなど、顔面神経痛などの病気が考えられる場合は、注意しなくてはいけませんが、まぶたの痙攣は、たいていはやはり疲れからくるものがほとんどです。まぶたがちょっとピクピクして、痙攣の症状が長くは続かないなどの場合は、疲労と寝不足などが原因と考えられます。やはり夜更かしはいけませんね。
あと、イライラがつのる時、つまりストレスもまぶたの痙攣の原因の一つとなっているようです。どなたにでもあることですよね。やはり仕事をしていると、ついついイライラがたまってきてしまいます。疲れやストレスでまぶたのけいれんが起こってきている場合、もちろん、睡眠をとることが一番いいでしょうが、お茶やコーヒーなどを控えることでも症状が改善される場合があります。カフェインは神経を高ぶらせてよくないのです。私なども、パソコンに向かい何杯もコーヒーを口にしています。ちょっと、控えてみなくてはいけませんね。

まぶたの痙攣をとめるには

まぶたが痙攣して困っている!そんな方も多いこのご時勢。何とか対策をしてまぶたの痙攣をとめるようにしていかないといけませんね。
あるテレビでは、まぶたのけいれんを簡単に考えていると怖いことになってしまう!などとうたっているところもありますね。まぶただけではなく、顔や口にも震えや痙攣があったりしたばあいは、顔面麻痺など怖い病気の可能性もあるので、その場合は注意しましょう。しかし、まぶたが少しけいれんするとか、長くはつづかないんだけど、くらいであれば、まぶたの痙攣はそんなに心配する事もないようです。
まぶたのけいれんの原因は、やはり目の疲れです。毎日長時間パソコンにむかっていたり、目を使った細かい作業をしていたりすると、目の疲労がピークをむかえ、そこにけいれんを感じるようになるのです。みなさん、がんばっていられるのですね。あと、ストレスもよくないようです。イライラすることが多くなると思いますが、それも、まぶたのけいれんにつながっていくようです。
まぶたの痙攣をとめるための対処法といてはやはり、休養をとる、特に睡眠をとることが一番でしょう。とはいっても、なかなかそうもいきません。少しの時間で仮眠を取るとか、30分に一度、目をマッサージするなども効果があるようです。コーヒーなどの刺激物を控えるというのもいいようですよ。

まぶたのけいれんと病気の関係は

睡眠をたっぷりとったりして疲労がなくなったのにまぶたや目の下がピクピクと痙攣するのがなくならない場合は、何らかの病気の可能性も考えられるので、病院で診察を受けたほうがいいようです。
まぶたのけいれんが症状で現れる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。目のまぶたの痙攣に関係する病気は、大きく分けて3つのものがあります。それは、顔面ミオキミア、片側顔面けいれん、眼瞼痙攣と呼ばれています病気です。
顔面ミオキミアは、眼精疲労や寝不足などが原因でおき、下まぶたがぴくぴく痙攣するのが症状の特徴です。
片側顔面けいれんは、片方の目の周りで起こった軽い痙攣がだんだん顔の同じ側の口元やほっぺ、あごなどに広がっていき、痙攣も早いものになって行きます。片側顔面痙攣がおこるのは、脳から出た顔面神経が動脈などで圧迫されてしまうことが原因のようですが、脳梗塞などの脳疾患でも同じような症状が出ることがあるので注意が必要です。
目のまぶたのけいれんの中で一番症状が重いのが眼瞼痙攣です。眼瞼けいれんのはじめの症状はまぶしい感じがして瞬きを無意識のうちに続けることから始まります。それがだんだん下まぶたのけいれんになり、両目の上下のまぶたのけいれんへと進んでいきます。症状が進むとまぶたが開かなくなってしまうこともあります。眼瞼けいれんの原因ははっきりとはわかっていませんが、大脳の機能異常が関係すると考えられています。

まぶたのけいれんの治療方法は

目のまぶたの痙攣が関係する病気を治療する方法にはどんなものがあるのでしょうか。まず、顔面ミオキミアは目の疲れやストレスが原因で起こるので、睡眠をしっかりとって、ゆっくり休んで目を休めれば多くの場合は改善されます。
片側顔面けいれんの場合は、抗けいれん薬による治療が行われますが、最近はボツリヌストキシン療法が行われることもあります。
眼瞼けいれんの場合は、比較的症状が軽い時には精神安定剤や筋弛緩薬を用いた治療が行われます。症状が重いときには、目の周りの筋肉や神経を一部切除する方法で治療をします。最近は、片側顔面けいれんの治療と同じく、ボツリヌストキシンによる治療も行われるようになってきました。ボツリヌス菌の毒素のボツリヌストキシンを、けいれんを起こしている顔の筋肉に注射して顔面の神経を麻痺させることでけいれんを抑えます。
ボツリヌストキシンは美容外科や美容皮膚科でしわとりなどの治療として行われているボトックス注射にも用いられているものです。ただ、ボツリヌストキシン療法は、効果が3〜4ヶ月しか持続しないので、注射を受け続ける事が必要です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。