目のまぶたが痙攣(けいれん)する原因ととめるためには

まぶたのけいれんの治療方法は

目のまぶたの痙攣が関係する病気を治療する方法にはどんなものがあるのでしょうか。まず、顔面ミオキミアは目の疲れやストレスが原因で起こるので、睡眠をしっかりとって、ゆっくり休んで目を休めれば多くの場合は改善されます。
片側顔面けいれんの場合は、抗けいれん薬による治療が行われますが、最近はボツリヌストキシン療法が行われることもあります。
眼瞼けいれんの場合は、比較的症状が軽い時には精神安定剤や筋弛緩薬を用いた治療が行われます。症状が重いときには、目の周りの筋肉や神経を一部切除する方法で治療をします。最近は、片側顔面けいれんの治療と同じく、ボツリヌストキシンによる治療も行われるようになってきました。ボツリヌス菌の毒素のボツリヌストキシンを、けいれんを起こしている顔の筋肉に注射して顔面の神経を麻痺させることでけいれんを抑えます。
ボツリヌストキシンは美容外科や美容皮膚科でしわとりなどの治療として行われているボトックス注射にも用いられているものです。ただ、ボツリヌストキシン療法は、効果が3〜4ヶ月しか持続しないので、注射を受け続ける事が必要です。

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。