目のまぶたが痙攣(けいれん)する原因ととめるためには

まぶたのけいれんと病気の関係は

睡眠をたっぷりとったりして疲労がなくなったのにまぶたや目の下がピクピクと痙攣するのがなくならない場合は、何らかの病気の可能性も考えられるので、病院で診察を受けたほうがいいようです。
まぶたのけいれんが症状で現れる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。目のまぶたの痙攣に関係する病気は、大きく分けて3つのものがあります。それは、顔面ミオキミア、片側顔面けいれん、眼瞼痙攣と呼ばれています病気です。
顔面ミオキミアは、眼精疲労や寝不足などが原因でおき、下まぶたがぴくぴく痙攣するのが症状の特徴です。
片側顔面けいれんは、片方の目の周りで起こった軽い痙攣がだんだん顔の同じ側の口元やほっぺ、あごなどに広がっていき、痙攣も早いものになって行きます。片側顔面痙攣がおこるのは、脳から出た顔面神経が動脈などで圧迫されてしまうことが原因のようですが、脳梗塞などの脳疾患でも同じような症状が出ることがあるので注意が必要です。
目のまぶたのけいれんの中で一番症状が重いのが眼瞼痙攣です。眼瞼けいれんのはじめの症状はまぶしい感じがして瞬きを無意識のうちに続けることから始まります。それがだんだん下まぶたのけいれんになり、両目の上下のまぶたのけいれんへと進んでいきます。症状が進むとまぶたが開かなくなってしまうこともあります。眼瞼けいれんの原因ははっきりとはわかっていませんが、大脳の機能異常が関係すると考えられています。

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。